歯周病とはどのような病気か

日本人の多くが歯周病によって歯を失います。


虫歯より知名度が低い病気ですが、きちんと理解しておかないと、症状が進んで歯が抜けてしまいます。

歯周病は、少し前までは歯槽膿漏と呼ばれていました。痛みがないまま進行していきますが、初期の段階では歯茎が腫れたり、歯磨きをするときに出血するという症状があります。

この段階は歯肉炎という状態で、適切なケアをすれば元の状態に戻ることが可能です。

適切なケアとは、お口の中にある歯石を歯科医院で除去し、自宅でも歯磨きをしっかりするということです。

歯肉炎は文字通り、歯肉つまり歯茎だけに炎症がある状態です。

@niftyニュース情報を調べるならこのサイトです。

歯肉炎をそのままにしておくと、歯茎だけでなく、歯を支える顎の骨にまで炎症が進んでいきます。炎症が広がると、骨はどんどん溶かされていき、歯に問題がなくても抜け落ちてしまいます。歯茎以外にも症状が進んだ状態を、歯周炎と言います。

歯周炎になると、歯茎からは出血の他に膿が出ることもあり、口臭も出てきます。

歯を支える骨がなくなっていくので、歯が浮いたような感じや、歯がグラグラして噛みにくいという状態になります。

溶かされた骨が、元の状態に戻ることはありません。
ですから、歯周病にならないように予防することが大切です。



歯磨きをきちんとすることで、炎症の原因になる汚れを取り去ることができます。

汚れは付着したてはやわらかいですが、だんだん固くなって歯石になります。



定期的に歯石除去することも大切です。