審美歯科で行われる治療

普通の歯医者さんに行ったことはある人がほとんどですが、そのような歯医者さんでは歯科一般という治療を行っています。


虫歯を削って銀歯にしたり、入れ歯など、失った機能を回復するのが目的の治療です。
一方、審美歯科では、機能だけでなく美しさまで考慮した治療を行います。

例えば、虫歯を削った後に、銀歯ではなく白い詰め物をいれるなどして、より自然できれいな仕上がりになるような治療です。

誰でも銀歯よりは白い詰め物の方がいいですが、奥歯の場合は白い材料が保険適用されないために、治療費が高くなってしまう傾向にあります。

また、保険では使用できる材料に制限があり、白い差し歯でもプラスチックしか使えないことがあります。
そのようなとき審美歯科では、セラミックという透明感のある素材を使って治療します。



プラスチックは均一な色でいかにも差し歯という感じですが、セラミックは本物の歯と見分けがつかないほどです。

そして、審美歯科では歯を白くするためのホワイトニングも行っています。

保険は病気の治療に対して使われるため、歯を白くするという目的のためには使えませんが、見た目をきれいにするという効果は抜群です。

iemoについて解説いたします。

白い歯は清潔で健康な印象を与えます。


白く出来るのは自分の歯だけで、詰め物や差し歯を白くすることはできませんが、詰め直しなど他の治療も併用することで口の中を総合的にきれいにすることが可能です。


黒ずんだ歯茎をピンクにする治療もあります。